傷がつきやすい?予防と消す方法は

ステンレスは傷つきやすい!

ステンレス製のキッチンは、「傷つきやすい」という性質があるので、お手入れする時に、何を使ってもいいという事ではありません。

また、傷を防止するのは難しいですが、何年も月日が立てば、全体が傷になり、傷が特に目立ってしまう事もなく、あまり気にならなくなるでしょう。

ステンレスが目新しい時には、特に傷が目立ってしまうので、最初の頃は、傷に対して細心の注意をはらった方がいいでしょう。

傷がつかないように予防できる事

キッチンがステンレス製の場合、シンクの底に、金属製の網を張っておくといいです。

どんなタイプの網かというと、バーベキューの時に使うような網で、シンクの大きさに合うものなら、大体大丈夫です。

ピカールで磨くと傷つきやすい?

ステンレスを綺麗に磨いてくれるアイテムとして、「ピカール」がよく知られていますが、これは、表面に傷がつきやすいというデメリットもあるので、ステンレスには、あまりおすすめできません。

ホームセンターでも販売していますが、もしもなかったら、取り寄せてもらう事もできます。また、金物店でも取り扱っている場合があるので、ご利用してみるといいでしょう。

ネットショップで購入する事もできます。ただし、ピカールはあくまで研磨剤となるので、表面を削る事になり、薄いシンクのステンレスには、不向きです。

多少の傷はしょうがない

ステンレスは、はじめはピカピカで確かに綺麗な状態ですが、時間の経過と共に、必ず傷がついてきます。

ステンレスは、どんなに磨くものに気をつけていても、多少の傷がつくので、絶対避けられるものではないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ