サビやすいってホント?ステンレスキッチンのあれこれ

ステンレスはサビにくいの?サビやすいの?

ステンレス製キッチンは、錆びやすいと言われていますが、実際、ステンレスは、非常に「サビにくい」という特徴があります。ステンレスではなく、鉄や銅は、時間と共に、酸化して次第にサビてしまいますが、ステンレスはサビにくいのです!

ステンレスの意味

サビにくいという性質は、「ステンレス」という名前の由来にもなっています。
↓↓↓
ステン=サビる
レス=~しない

しかし、絶対に少しも錆びないわけではなく、「サビにくい」だけであり、時と共に「サビる」事は勿論あります。その中でも、「もらいサビ」といって、ステンレス自体がサビたわけではなく、サビが移ってしまう現象があります。

例えば、もしも流しに缶詰などを置きっぱなしにしておくと、その缶詰の丸底の跡が、シンクについてしまいますよね。あれが、もらいサビといって、ステンレスのサビのもとになります。

これは、サビをもらってしまったためにサビてしまったわけで、ステンレスそのものがサビたわけではありません。ステンレスをサビさせないようにするためにも、できるだけ違う性質の金属と触れさせるのは、避けるようにしましょう。

もらいサビの落とし方・コツ

万が一もらいサビをもらってしまったら…

もらいサビを落とすには、スポンジやタワシに市販の薬品を含ませ、取り除きます。この場合、一応ためし拭きをしておきましょう。洗浄効果をあらかじめチェックしておき、その後、本格的にお手入れします。掃除し終わったら、最後に乾いた布で仕上げしましょう。

サビの落とし方の基本

布やスポンジに、中性洗剤あるいは石鹸を含ませ、水洗いし、最後に乾いた布で仕上げます。

One Response to “サビやすいってホント?ステンレスキッチンのあれこれ”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ