ステンレスキッチンの掃除や手入れ法

ステンレス製のキッチンを使っていると、そのお手入れ方法や、掃除をどのようにしたらいいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。

kitchen

テキトウに掃除していては、ステンレスによってもよくないですし、ちゃんと清潔にならず、不衛生な状態になる可能性もありますし、見た目もあまり綺麗になりません。正しくお手入れしてあげる必要があります。

キッチンシンクの白い汚れの正体は?

例えば、キッチンシンクに、石鹸のような、白いカスがついてしまう場合もあります。この汚れは、油や石鹸のカス、酸性石鹸だと考えられます。あるいは、水道水に含まれるミネラルが凝固してできた水垢だと考える事ができます。

セミオーダー式で選べるオールステンレスキッチン AEGなら、機能性にも優れていて、お手入れも楽に出来るようなので、キッチンにこだわりのある方からも人気があるようですよ。

重層を使うといい

キッチンシンク全体が白っぽくなってしまう場合、これは、石鹸カスによって、酸性になってしまっている事が原因です。これを解決するには、重層など、アルカリ性のものを使って、融解させる事です。まずはシンクを濡らしましょう。そして、そこに重層をふりかけます。

重層でシンクを綺麗にする

重層をキッチンシンクにふりかけたら、スポンジなどでよくこすれば、すぐに白いカスはとれていくでしょう。コンパウンドやクレンザー、メラミンスポンジなどでこするのがおすすめです。粒子が粗いので、すぐに落ちやすいからです。

しかし、その分、シンクに傷がつき、艶感もなくなる恐れがあります。重層は、粒子が比較的柔らかく滑らかなので、ステンレス製やプラスチックなどの傷つきやすい素材でも、安心して使えるので、お手入れにも適しているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ